フラッシュストレージに基礎をおさえよう

最近のパソコンには従来型の磁気でデータを記録するハードディスクに加えて、フラッシュメモリーを利用したフラッシュストレージが搭載されているパソコンも販売されています。フラッシュメモリーは従来型の磁気ディスクと比べて重量が軽いこと、データのアクセス速度が速い上に衝撃に強いというメリットがあります。ただしフラッシュメモリーは容量あたりの値段が高いので、大量のデータを保存する場合には従来型のハードディスクが用いられています。パソコンでOSをインストールするシステム用のストレージに記憶素子の部分にフラッシュメモリーを使用すれば、起動速度や動作速度が速くすることができます。フラッシュメモリーの記憶素子は従来型の磁気ディスクよりも耐衝撃性に優れていることから、ノートパソコンやスマートフォン・タブレット端末などのモバイル機器のストレージにも多用されています。

フラッシュメモリーで使用される記憶素子の動作原理と特徴とは

ハードディスクは内蔵された金属の円盤に同心円状に磁性化することでデータを書き込みます。金属の円盤は高速で回すためのモーター、読み取りや書き込みのために使われるヘッドを動かすソレノイドが使われています。そのため動作のために電力が必要なことや衝撃に弱く機械的な故障が多いデメリットがあります。最悪の場合は保管されたデータが使えなくなるリスクがあります。フラッシュストレージは半導体素子しか使われていないため、機械的な機構がありません。そのため故障のリスクも少なくなります。金属の使用率が低いため軽量で小型化することも可能です。衝撃にも強いので持ち運びに便利です。電力も読み取りと書き込みに使われる分しかかかりません。移動時のバッテリーの消費を抑えることができます。

フラッシュメモリを使用したストレージのメリットとは

記憶素子に従来型の磁気ディスクを使用したハードディスクではなく、フラッシュメモリー素子を利用した記憶装置がフラッシュストレージです。フラッシュメモリを使用することで、アクセス速度や耐衝撃性の点で従来の磁気ディスクよりも優れています。システムディスクにフラッシュメモリーを使用すれば、OSの起動時間を短縮することができます。重量が軽い上に電力消費や耐衝撃性の点でも優れるため、モバイル機器のストレージにも向いています。フラッシュストレージは電気的にアクセスするため、データが記憶されている素子の場所に依らずアクセス速度が速いという特徴があります。ストレージ上にデータが細分化してもアクセス速度が遅くなることがないので、ハードディスクで行っていたデフラグ作業を行う必要もありません。フラッシュメモリを使用することで、アクセス速度、耐衝撃性、消費電力の点で従来型の磁気ディスクよりも優れたストレージ(外部記憶装置)が利用できます。フラッシュメモリーは磁気ディスクと比較して記憶容量あたりのコストが高いので、データ保存の際は安価なハードディスクが用いられています。