フラッシュストレージを基礎から解説します

ストレージとは記憶や保管と言う意味があります。パソコンなどのデータを扱うものにとって読み書きストレージと言えば古くはテープ、フロッピーディスクなどがありました。その後ハードディスクの登場によって大容量化が進みました。最近ではフラッシュメモリの大容量化が進みフラッシュストレージとしてハードディスクに変わって人気を集めています。フラッシュメモリは半導体素子の一種でデータの書き込みや読み出しが可能です。書き込んだものを保持するために電力を必要としないため省電力化や持ち運びに向いています。フラッシュメモリを大容量化するためには高度な集積化技術が必要なため同じ容量のハードディスクと比べて高価になります。今後の開発によって低価格化が進めばより普及することが期待されます。

ハードディスクと比較した時のメリット

フェンスはいろんな素材で作られていて、それぞれ違った特徴があります。境界線代わりとして使われるのはアルミのものが多くなっていて、おしゃれで繊細なデザインを求めるならアルミ鋳物が広く使われています。和風な庭造りを行っている場合は、竹垣なども人気があり、ほかにもスチールや木粉入り樹脂系のタイプに人気があり、ガーデニングでも使用されることがある素材です。道路や隣家からの視線をブロックしたいのであれば、目隠しタイプを使うべきですし視線は気にならず風通しもいいものを設置したいならメッシュタイプが適しています。すでにメッシュタイプが使われていて、目隠しに変えたいときには、端部カバーや柱はそのまま利用して目隠しカバーだけを新たに取り付けることも可能です。幅はどの種類でも2mものが多くなっており、高さは80cmから120cm程度が一般家庭で使われており、もっと高さがあるものも存在していますがDIYでの設置は難しく業者に設置してもらう必要性があります。

フラッシュストレージを購入する時に注意すべきこと

ハードディスクと比べるとメリットばかりが目立つような気がしますが、購入するために注意すべきことがいくつかあります。同じ容量で比べると高価であることは誰もが気がつく点です。機械的な機構がないことがメリットになりますが、その分読み取りや書き込みの処理はコントローラーの性能に影響されます。同じ容量でもコントローラーの違いによって処理速度が変わってきます。フラッシュメモリの特徴ですが、データの書き換えができないと言うデメリットがあります。通常使っている分には気になるところではありませんが、使用率が高くなると処理槽度が下がる恐れがあります。書き換えができないと言うのは書き込みができない訳ではなく、書き込むために一度その分の場所を消す作業が必要になります。一度扱うことのできる単位も決まっているため、空き容量が減るとそのやりくりに時間を要することになます。