フラッシュストレージを知らない人のために

最近のデジタル機器には、必ず記憶媒体が搭載されています。スマートフォンやタブレット、据え置き型ゲーム機やコンピューターなど、近頃の製品には大容量の記憶媒体が最初から搭載されており、様々なデータが保存可能です。最初から多くの作業に必要な基本データやファイルがインプットされていて、そのおかげでユーザーは特別な処置をしなくても、快適にネットサーフィンやアプリケーションの操作、そしてエンターテイメントの満喫が出来ます。記憶媒体の種類としては、ひと昔前まではハードディスクドライブが主でした。通称HDDが以前のスタンダードであり、値段も安く、それでいて大容量が確保されたため、多くの製品に搭載されました。今でもHDDは現役ですが、フラッシュストレージという新規格が今の主流となりました。

通称SSDは高速アクセスが魅力的なパーツです

フラッシュストレージの代表的な製品としては、SSDやUSBメモリーがあります。SSDは品質の高いNANDを採用し、USBメモリーよりもサイズは大きめですが、その分、ドライブとしての安定性、書き込みや読み込みの高速性が重視されている設計になっています。一方で、USBメモリーはSSDと比較して安く、小型になるように作られており、SSDほど安定性とデータ転送速度を重視していません。メモリーコントローラーも安価な物が採用されており、耐久性はSSDよりも低い為、長期的に運用するのには向いていないストレージとなっています。フラッシュメモリーベースのストレージを使い分ける事によって、システムの運用がしやすくなり、ユーザーの用途に合わせて使えるようになります。

耐衝撃性もまたSSDの良い特徴です

フラッシュストレージのもう一つの利点ですが、耐衝撃性です。衝撃に強いのがSSDの魅力的な特徴であり、あくまで日常的な範囲でのダメージについてですが、落下や衝突によって記憶媒体に保存されたデータは全くの無傷となります。何かと携帯する事が多いスマートフォンやタブレット、こういった製品にはもってこいのパーツです。HDDは大容量と費用対効果の良さが魅力的な記憶媒体ですが、如何せん衝撃に弱く、机の高さから落下させた程度でも、内部のデータが破損する事があります。SSDは衝撃に強いため、ユーザーが不注意で落下させた程度ならデータは壊れませんので、出張や旅行時でも一安心です。実際にその利点が評価され、今日ではスマートフォンやタブレットの記憶媒体として広く採用されています。